空腹は我慢せずつまむ程度食べる事

補助士から見た外科の看護師

補助士として派遣された総合病院でのことです。派遣部署は外科でした。挨拶もそこそこに、早速看護師の方の仕事の補佐に回りました。20代後半〜30代と年代の近い看護師が多く、仕事内容もてきぱきとこなされてました。そして、何より外科と言う部署がそうさせるのか、非常に物事をはっきりと言う方が多いのです。役立つ情報を札幌市 看護師求人検索してみよう!

 

それは、それでいいことだとは思うけど、外科の先生にまで「この間、言ったばかりじゃないですか。」「しっかりしてくださいよ!」と怒ってる。これは、私がミスしたら何言われるかなーとちょっと怯えました。

 

ロングオペが終わると、患者さんを迎えICUに入ってもらうのですが、その時の患者さんへの対応です。
あの時怒っていた人なのか!?と思う程、麻酔から覚めるか覚めないかの状態の患者さんに、笑顔で「お疲れ様でした」とそっと声をかける。その声がまた優しい!迷っているアナタは新潟市 看護師求人ここをチェック!

 

これは看護師さんに憧れる患者さんが出てくるわけだ……。それを見ながら思わず思ったことです。
その後も、我儘な患者さんは軽くあしらい、寝たきりの患者さんは、なるべく揺らさないように素早くベッド移動。
看護師さんの仕事を補佐するために入ったのに、思っていた以上の重労働に驚きを隠せなかったです。高収入を目指すなら熊本市 看護師求人お見逃しなく!

 

もう一つ、驚いたこと。やはり、ドラマやマンガのように看護師と医師との職場結婚は良くあることなんですね。
30代の看護師さんが「来月○○科の先生と結婚するの。」と嬉しそうに語っていたことも忘れられない一つとなりました。